競売物件の検索・佐賀県の不動産物件検索サイト「佐賀住宅インフォメーション」

佐賀県内の不動産物件情報満載!佐賀住宅インフォメーション

不動産競売について

不動産の競売とは

地方裁判所では、債務を弁済することができなくなった人の所有する不動産等を差し押さえて、これを売却し、その代金を債務の弁済にあてる手続を取り扱っています。これが不動産の競売です。

この手引は、競売に参加して不動産を買い受けたいと希望している方のために、不動産買受けの手続のあらましを説明 したものです。不動産の買受けについて更に詳しいことを知りたい方は、最寄りの地方裁判所か、その支部の競売係にお問い合わせください。


留意点

不動産の選択

競売での不動産の売却の方法のうち、現在最も多く利用されている期間入札の方法について説明します。
期間入札というのは、裁判所が1週間以上1か月以内の範囲で入札期間を定め、その期間内に入札を受け付け、別に定めた開札期日に開札を行って最高価買受申出人を定める方法です。

この期間入札で売却される不動産については、入札期間が始まる日の2週間前までに裁判所の掲示場か庁舎の中の掲示板に、公告が掲示されます。

公告には、売却される不動産、入札期間、開札期日が開かれる日時・場所、不動産の売却基準価額、買受可能価額(売却基準価額の8割)、買受けの申出に際して提供しなければならない保証の額や提供方法等、売却についての重要な事項が記載されています。買受けを希望される方は、まずこの公告を見て、自分の買い受けたいと思う不動産を選択してください。

不動産の調査

買いたいと思う不動産が見つかりましたら、次に、その不動産についてよく調査してください。そのために裁判所では、物件明細書、現況調査報告書、評価書という三つの書類の写しを入札期間が始まる日の1週間前までに備え置き、だれでも見ることができるようにしてあります。

物件明細書には、その不動産を買い受けたときに、買い受けた人がそのまま引き継がなければならない賃借権などの権利があるかどうか、土地か建物だけを買い受けたときに建物のために地上権が成立するかどうかなどが記載されています。

現況調査報告書には、調査時点での土地の現況地目、建物の種類・構造等不動産の現在の状況のほか、不動産を占有している者の氏名やその者が占有する権原を有しているかどうかなどが記載されており、不動産の写真等が添付されています。そして、評価書には、不動産の評価額、周囲の環境の概要等が記載されており、不動産の図面等が添付されています。これらを見れば、不動産の現況と、それをめぐる法律関係のあらましが分かるようになっていますが、これらの書類は、あくまでも、参考資料であることを心得ておいてください。

大きな買物をするわけですから、買受申出をしようとする場合は、現地に行って自分の目で物件をよく見るほか、登記所などへも行って権利関係を確かめるなど、必ず、自ら調査、確認することが大切です。調査、確認が困難な場合や、権利関係が複雑な場合などは、弁護士に相談されるとよいでしょう。

<<前のページへ戻る

競売物件MENU


佐賀の住宅情報誌

佐賀県内の不動産物件情報誌「佐賀住宅インフォメーション」

毎月1日発売!最新の分譲地・注文住宅・賃貸物件の詳細・間取りや写真を多数掲載!県内の書店・コンビニで好評発売中です!
価格:100円
(本体価格95円)

ケータイで物件検索

QRコード

ケータイで佐賀県内の不動産情報検索ができます。バーコードを読み取って今すぐアクセス!
詳しい利用法はこちら>>

(C)Saga Housing Information.All Rights Reserved.